創るための美学
 ― 写実造形の新しい挑戦 ― 
高取秀彰【たかとり・ひであき】プロフィール

1937 東京生まれ  

大学在学中ギリシャ悲劇の仮面として金属ネット造形を試みる

1964 東京大学文学部美学美術史学科卒  

TV外画日本語版演出 NHK TBSなど 
東京プリンスホテルなどでショウの舞台美術・衣装デザイン

1967 TVアニメーション映画「妖怪人間ベム」演出
1970 動物や恐竜などのリアリズムロボット「動刻」を創始
1975 金属ネット造形をネットアートと命名、「動刻」と併行して創作開始
1977 銀座ギャラリーミミ 個展「光と人体のロマン」
1979 新宿サブナード 個展「空・そしてエロスの世界」
1982 新宿センタービルSCホール 個展「透 詩 −クリスタルポエム」
1985 銀座松屋アートギャラリー 個展「透 詩 −クリスタルポエム」
1988 銀座松屋アートギャラリー 個展「虚空をとらえる・虚空をつつむ」
1990前後より    
「動刻」の発展形としての人体型リアリズムロボットを開発 
各地のロボットシアター構成デザイン演出
国立科学博物館「サイエンスシアター」
所沢市「ユネスコ村大恐竜探検館」
福島県二本松ふるさと村「黒塚伝説」
ほか
1997 銀座松屋アートギャラリー 個展「かたち・風をつつむ」
現在 フリー活動・造形作家  
     

 

お問合せはこちら