幕末佐賀藩において 藩主鍋島直正の命を受けて
西洋の科学技術を研究した知的集団を
「精錬方」と云いました
「せーれん」とは郷土を誇りに思い
新しい発想とその実現に挑戦する夢を
平成の「精錬方」として表現したものです

せーれん工房  m_takatori@selen.kdlab.jp