新しい造形「ネットアート」
とは

透けるかたちが空気をつつみこんで

光が変わればその印象も変化する

「ネットアート」は

自然の表情を取り入れた立体造形です

型をつくって打ち出すのではなく

ただ金網を素手で曲げていくだけ

指先と掌の触感でかたちを探り

やわらかい曲面を作っていく

これは今まで誰も知らない

新しい「もの」なのです

 

* *
 

金網というものは硬くて平たいと
みんながそう思い込んでいます


ところが手に触れて見ると

意外に思いどおりになる

しなやかな素材です

新しい素材の発見が

新しい表現につながって

私の宇宙が生まれたのです

 


* * *
 


見えないはずの裏側まで見えて
体積まで感じる新鮮な立体感

「一枚」の平面で表現される

空間の快い緊張感

分かりやすい具象だけれど

素材がみちびいてくれて

技などを超える何かが

見えてくる造形です

 

* * * *
 


複雑に輝くモアレの魅力
思いがけない光の反射

メビウスの輪のように

裏が表に表が裏に

写実具象のあちこちに

装飾性と抽象美と情感が

いつのまにか湧き出して―

「ネットアート」はそんな造形なのです